もう猫とメロンパンさえあれば生きてける勢い(≧ω≦)b そんなテンションで更新しとります´ω`)ノ

黒猫の月曜日TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 小説:メガネ「...チョークがついた」

小説:メガネ「...チョークがついた」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ブログでお小遣い 無料サンプルも
タグ:タグは付けられていません。
メガネ「神山ぁ~」
神山「なんですか?姉が寝転がりながらテレビを見てる時に言いそうな声のイントネーションなんかで呼んで」
メガネ「まあ、お前の人間性についての話は置いておこう」
メガネ「あのな。俺も学校に...」
神山「却下です」




ブログでお小遣い 無料サンプルも メガネ「なぜ、そこで拒否るんだ?」
神山「あなたの思考の鈍さについての話も置いときましょう」
メガネ「著作権法違反で訴えるぞ!」
神山「人間でないあなたには適用されません」
メガネ「なぜいけないのだ!!しゃべらなければいいのだろう!!」
神山「それを100%できる自信は?」
メガネ「う~ん、99%なら」
神山「残り1%は!?」
メガネ「細かいことは気にするな」
神山「まあ、いいでしょう」
メガネ「うわぁ~い!」

メガネ「ここが学校かぁ~」ヒソヒソ
神山「眼鏡がランランとしてるとこっちまでランランとしてるみたいですからやめてください」ヒソヒソ
???「ぃよぉ~う!親友よ!!」
神山「おわ!!芽倉、飛びつくなぁ!!男同士だろうがぁ!」シュッ!ズバシッ!ズドッ!
芽倉「ぐぇ!朝からそんな興奮すんなって」
神山「お前のせいだぁ!!」カッシャ!タン...シュッ...
芽倉「おや?今、弾丸がかすった気が...」
???「おやおや?元気ですね~」
神山「おや、朝原さんじゃないですか」
メガネ(キャラ変わってるし)
朝原「おはようですね~神山君。朝から大騒ぎですね~」
神山「いえ、それほどでもないですよ」ゲシッ
芽倉「うっ」パタッ...
朝原「おやですね~?どうしましたですね~?」
神山「あ、こいつ後で保健室つれていくんで安心して下さい」ビシビシッ
メガネ(こいつが好きなのか...)フーン
朝原「そうですか~。じゃあ私、出席簿とってこないといけないので~」
神山「あはっ、ではまた」ノシ
メガネ(あいつのどこがいいんだ?)ウーム
芽倉「放置プレイもプロ級だな。親友!」
パン...ピーポーピーポー...

メガネ「ここがお前の教室か?」ヒソヒソ
神山「そうだ。珍しいか?」ヒソヒソ
メガネ「どっかの神様と一緒にすんな」ヒソヒソ
神山「俺の席は一番前。そして、その横は...」チラ
メガネ「あ~、片思いの相手か」ヒソヒソ
神山「ば、バカそのとおりだよ!」ヒソヒソ
メガネ「つまんね~よバカ...」ヒソヒソ
メガネ「ところで、この席チョークの粉が飛んでくるな」ヒソヒソ
神山「なんだよ。どうしろと?」ヒソヒソ
メガネ「じ、自分で考えれば?///」ヒソヒソ
神山「ツンデレってやつか...」ヒソヒソ
神山「悪いが俺は男には興味ない」ヒソヒソ
メガネ「...てめー今何つった?」ヒソヒソ
神山「へ?何をって...」ヒソヒソ
メガネ「俺が男だと一言でも言ったか?アアン#」
神山「ちょっ、声が...」ヒソヒソ
メガネ「俺は女だぁぁぁ!!!」
神山「はいぃぃぃ!?」
先生「芽倉が狙撃されて病院行って静かになったと思えばお前が騒ぐか。神山」
神山「だぁぁ!!すんませんでした!!」
神山「お前にもすまんかった!」ヒソヒソ
メガネ「フン!チョーク早くふけよ!」
づく
関連記事
スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 黒猫の月曜日. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。